よくある質問

リフォーム編

リフォームをやるかどうか、見積もりが出た後に判断してもいいですか?

はい。問題ありません。当店では、お客様に最幸のリフォームをしていただくためにも、高品質のリフォームをご提供いたします。

見積もりをもらった後に料金などの変更はありませんか?

はい。ありません。工事に取り掛かった後などに、変更や追加がない限りは金額に増加はありません。

やりたいリフォームについてうまく伝えられるか不安です。

当店といたしましても、お客様がご希望されているリフォームができなければ、「最幸のリフォーム」ができたとは言えませんので、見積もりの時点でどういったものがいいのか、納得がいくまでご提案ください。

間取りの変更などはどこまでできるのですか?

基本的にはどこまででも可能ですが、建物の安全なども考慮していく必要がありますので、適切な補強なども含めた上で柱や、梁などを計画していきます。

リフォームの際は、引越しなどしなければいけないのでしょうか?

必ずしなければいけないというわけではありません。部屋ごとや、階層ごとに分けて工事ができるので、引っ越しをしなくてもリフォームをすることは可能です。しかし、水周り関係の工事をされる場合は、その工事期間中は、キッチンやお風呂などが使えない可能性もありますので、ご相談ください。

暗い部屋を明るくする場合、どうしたらいいですか?

暗い部屋を明るくする際は、いくつか注意点がありますが、窓の大きさや、数を増やしただけではあまり意味がありません。ご希望の内容を当店のスタッフにお伝えいただければ、最善のプランをご提案いたします。

現場調査ってなにをするんですか?

寸法を測ったり、建物の劣化状況の確認をいたします。また、足場の仮設などの関係で周囲の状況も確認する必要があります。

費用について

支払いなどはどのタイミングで発生しますか?

見積もりをご確認いただき、お客様にご納得いただいたうえで、契約をいたします。双方の合意がない限り、金銭を要求することはございません。

予算内でリフォームを済ますには?

予算を超えてしまう要因として、よくあげられるのは、プランの変更や追加などがあげられます。予算内でリフォームをするためにも、打ち合わせの段階でしっかりと内容を詰めておく必要があります。

工事費以外でかかる費用はありますか?

リフォームの規模にもよりますが、敷地に余裕が無ければ、資材置き場や工事車輌用の駐車場を借りる必要があります。仮住まいをする場合は、家賃や引越し費用がかかります。また、ローンを利用するのであれば、銀行に支払う手数料や火災保険等が必要となります。

リフォームをする際にローンで払うことはできますか?

住宅ローンやリフォームローンを利用することが出来ます。