洗面化粧室

洗面化粧室のリフォームポイント

洗面化粧室は小さい割にはとても利用頻度が高い場所になります。家族全員が気持ちよく使える場所にするために、機能・お手入れ・収納など、あらゆることにこだわって、快適なスペースにしましょう。洗面化粧室をリフォームするポイントとして、その役割をしっかりと考えることと、使いやすさを重視する必要があります。リフォーム道場では、お客様の使用用途に合わせた洗面化粧室、洗面化粧台をご提供いたします。

洗面化粧台の種類

洗面台は、歯磨きだけではなく、うがいや手洗いを行う場でもあります。
日本の住宅事情では、洗面所と脱衣場が兼用となっており、同じ部屋に洗濯機を置く家庭が多いため、大きなスペースを確保することができません。その為、朝に混雑することが考えられます。実際、私の家庭でも朝は混雑しますし、一つの部屋に洗濯機、洗面台、脱衣場が一緒になっています。
健康管理の視点からすると、帰宅後すぐに手洗いやうがいをすることを考え、玄関から近いところにあるのがよいとされています。また、ドレッサーとしても活用することができるので、寝室などにもあると使い勝手は向上します。では、具体的にどんなことがあるのか観てみましょう。

一般的洗面化粧台一般的洗面化粧台
いろいろな箇所に収納が作られているシステム化された洗面化粧台で、汎用性が高い一般的な洗面化粧台です。
コンパクトタイプコンパクトタイプ
別名「セカンドタイプ」とも呼ばれるこのタイプは、ちょっとした空きスペースに設置することができるため、2階の廊下や玄関などに手軽に設置することができます。
ニースペースタイプニースペースタイプ
着席しながらヘアセットしたり、化粧ができるタイプの洗面台で、これを用いることで洗面室が化粧室にもなります。

具体的にどんな役割が必要?

洗面台洗面化粧室というのは、みなさんそうだと思いますが、朝から歯磨きや洗顔、化粧などの身支度を整える場所になります。となるとやはり多くなってくるのは小物ですよね。収納の多さや、洗面台だけで収納が足りない場合は、壁に作ってしまうのも一つの手です。また、ドライヤーなどに使うコンセントの数もどれだけ必要なのかを把握しておきましょう。リフォームはコンセントの場所移動や増設のチャンスですよ!!

そして、特に注意していただきたいのが、脱衣所としての機能です。
浴室のページでも触れましたが、ヒートショック現象には本当に注意する必要があります。脱衣所になりますので、お風呂から出る前や出た後というのは、裸になったり、身体が濡れている状態です。寒い冬とかはこの時に震えたりした経験はないですか?
この現象は急激や温度変化で血圧や脈に大きな変化を起こし、場合によっては大きな事故になります。その為、洗面所をあったかくする工夫もしてみるとよいでしょう。