トイレ

洋便器の普及

トイレは、ここ数年で洋便器がかなり普及してきました。そのため、最近の家庭では、小便器と大便器を分ける事が非常に少なくなってきました。もちろん、予算的なこともあるとは思いますが、場所も必要になってくるからではないかと思います。その分、洋便器にも多くの種類が作られるようになりました。

トイレの寿命ってご存知でしたか?

どんなトイレでも10年が寿命だといわれています。便器そのものに関しては、寿命はたしかに長いですが、ウォシュレットの不調や、トイレタンク系の部品などの故障が起きる可能性が高くなります。
また、お客様からいただく声でよくあるのが、「ちょっとの水漏れを放っておいたら、いきなり一気にもれてきたので、急いで直してもらいました。」といった声です。ちょっとした異変に対しても、必ず対処いたしましょう。

トイレの種類

最近では、いろんなタイプのトイレが増えてきました。「一般洋風便器」と呼ばれる一般的な洋式のものや、人気になりつつあるタンクレス型などがあります。他にも何種類かありますので、一度見てみましょう。

一般洋風便器一般洋風便器
洋便器とタンクが一体となった汎用型の洋風便器となっています。
手洗い一体型手洗い一体型
タンクに手洗いがついているタイプの洋風便器で、手洗いを別の場所に設置する必要がないため、手洗いを設置する場所がないという方にはおすすめとなっています。
収納一体型収納一体型
タンクを収納式のキャビネットにいれることで、見た目がよくなり、その上に手洗いをつけることも可能です。
タンクレス型タンクレス型
今までのものとは違い、タンクを必要としない技術を用いた最新型の洋風便器です。見た目もさることながら、スペースの確保や、清潔性などが魅力で非常にここ最近人気となっています。

トイレをリフォームする際のポイント

トイレのリフォームポイントは大きく2つがあります。1つ目はリフォームする目的を明確にすることです。手すりをつけたかったり、収納をつけたい、便器を新しくしたいなど、なるべく明確に目的が出せるようにしましょう。2つ目は、トイレ全体のサイズを把握することです。これによって取り付けることのできる便器のサイズも変わってきます。また、コンセントの場所も把握しておきましょう。