屋根

屋根葺き替え工事について

屋根葺き替え 屋根を解体・撤去し、新しく葺き替える工事です。
屋根材を取り外すので、その下の防水紙や野地板など手の入れにくい部分も補修ができるのがメリットです。
最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き替えるお客様もおり、「地震の時でも揺れが少ない」、「強風や突風でも瓦などが飛散しない」などお客様に応じて様々な葺き替え工事を行っております。
瓦屋根の工法によっては葺き直しによって屋根の総重量を減らせる可能性があります。
実際に地震が発生した場合、先端になればなるほど遠心力が働くため、重さの数倍以上の力が加わります。
地震時の揺れの大きさを決めるのは震度やマグニチュードだけではありません。家屋の重心の位置にも大きく左右されるのです。屋根が重いと重心が高くなってしまうため、大きく揺れてしまうのです。
一般的な広さのお家の瓦屋根の場合、その重さは約6tにもなり、軽自動車8台分に相当します。同じ広さでも金属屋根の場合、重さは10分の1程度になります。
また、金属屋根は瓦と違い、地震時に落下する危険性もなく、強風で飛ばされる心配もありません。
金属屋根以外にも軽い屋根材はありますので、お気軽にご相談下さい。

屋根塗装について

屋根塗装 塗装は屋根や外壁の耐久性・防水性を保つために行います。屋根と外壁の年月の経過による風化と劣化は避けることはできません。
風化と劣化によるダメージの回復、耐久性と防水性を保つためには塗装が必要になります。傷んだままにしておくと雨水が浸透してしまい、大変な被害を及ぼすこともあります。
塗り替えはお手入れであり、定期的なメンテナンスなのです。
実は、塗り替えには外観の保持という目的もあり、外観がくすんで見えたり、薄汚れて見える場合は塗り替え時期です。
防水性が落ちると水捌けが悪くなり、汚れが付きやすくなるのです。
汚れが付いた部分は水捌けが更に悪化するため、劣化のスピードを早めます。こうして、全体的に劣化していくのです。

屋根カバー塗装について

屋根カバー塗装 屋根カバー工法とは、今ある屋根をほぼ残し、その上に新しい屋根で覆う方法です。そのため、屋根が二重になります。
「今ある屋根」を「新しい屋根」で覆うため、解体工事で廃材がほとんど出ません。
実は、これこそが最大の特徴で、様々なメリットへ繋がっていきます。
解体と廃材処理が必要な部分は棟板金くらいしかなく、葺き替えなどに比べると費用がかかりません。
また、塗装や葺き替えよりも施工期間が短く、期間が短い=人件費も少なくなり、それだけ費用も安くなります。
さらに、お住まいの内部に手を加えることはありませんので、私生活への影響もありません。
塗装と違って臭いもなく、施工中もストレスなくお過ごしいただけます。

棟板金の交換について

棟板金交換 板金がどの部分に使われているかご存知ない方も多いと思いますが、家屋で板金というと、主に屋根を留めている金属部分のことを指します。
屋根と屋根の面が合わさる山状の接合部分になり、ここを覆って雨水の侵入を防ぎ、屋根材を固定します。
この山状の部分を棟と呼び、住まいの一番高いところである屋根の頂上部分や四隅にあるため、強風の被害が多い部分です。
屋根の上という確認しにくい場所にあるため、浮き上がったり、飛んでしまったりしても気付かないことが多く、知らない間に雨漏りなんてこともあります。
大型の台風が通過した後にお問い合わせをいただく多くが棟板金についてです。落下や飛散、変形なども強風による被害になります。
原因のほとんどは棟板金を固定している芯木の腐食と劣化です。棟板金は芯木に釘で固定されているため、劣化してしまうと風に負けてしまうのです。
棟板金が外れてしまうと、雨漏りに繋がるため、定期的な点検をしましょう。
最近では、プラスチック樹脂製のものもあり、水分を吸収しないため、木製よりも劣化しにくい点があります。
板金の固定にも釘ではなく、ステンレス製のネジを使います。これらによって強風に強い棟板金と安心を手に入れることができます。
お客様のお住まいの状況に合わせて、最適なものをご提案しております。